無料のキーワード検索ツール、キーワードアドバイスツールまとめ。

アフィリエイトといえば、キーワード検索。

SEO対策の為にも、キーワード選定は非常に重要です。

 

自分が書こうとしている内容に関して、

どういったキーワードが需要があるのか?

どういったキーワードと一緒に検索されているのか?

最低限把握しておいた方が良いのは当たり前。

 

検索キーワード、関連キーワードがわかれば、

どういった内容の記事にすべきか?

記事のタイトルなんかも、効果的に決める事ができます。

 

また、需要の無いキーワードを探して、

PPCの除外キーワードに利用するってのも有効です。

 

というわけで、

実際に私が利用したことのある、キーワード選定ツールです。

 

goodkeywordで、YahooとGoogle関連キーワードを同時に検索!

私は最近めっきりコレ。

goodkeywordでキーワード検索

goodkeyword – Yahoo/Google関連キーワードツール

 

ヤフーとグーグルの関連キーワードが、同時に検索できます。

しかも超お手軽。

アカウント登録も不要で、即検索。

もちろんフリーです。

 

Googoleのキーワード検索ツールといえば、

Google AdWords キーワードツール、キーワードプランナーですが・・・

Google Adwordsアカウントが必要で、なによりログイン作業も面倒。

 

Yahoo!!関連検索ワードサーチ「UnitSearch」なんかもありますが、

UnitSearch使うってんなら、

両方同時に調べられる「goodkeyword」使うよね?

 

関連キーワード取得ツール

Googleサジェスト、Yahoo!関連語API、教えて!goo、Yahoo!知恵袋・・・

上記の情報を元に関連キーワードを、一括取得して表示してくれます。

goodkyewordとは情報源も別で、

出てくる関連キーワードの表示も異なる。

そのまま「Yahoo!知恵袋」「教えて!goo」の記事へ飛べたりと、使い勝手も良いです。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

 

Google Adwords キーワードツール (キーワードプランナー)

Googleキーワードツールは、

「Google AdWords キーワードプランナー」というネーミングになったのか!?

 

キーワードの検索回数、関連キーワード、キーワードの競合性・・・

とりあえずメジャーなんで間違いないです。鉄板です。

いろいろと設定をして、様々な角度から検索可能のハズですが、

私は最近使わなくなってしまったので、使い方ワカラナイ。爆

 

ちなみに、Yahoo!プロモーション広告にも、

キーワードアドバイスツールはあります。

キーワードアドバイスツール

まぁ、どちらでも良いでしょ。

 

Ferret plus (フェレットプラス)

フェレットは、いろいろ多機能ですが、

無料アカウント作らないと、ほとんど使えません。

フェレットプラス

キーワードアドバイスツールも、無料会員登録が必要です。

WEBマーケティングポータルサイト Ferret(フェレット)

 

自サイトのSEOをチェックしてくれたり、

ライバルサイトと比較して診断とかもできるのですが、

結果に納得できない事が・・・・

最近はあまり使わなくなってしまった。爆

 

登録無料ですが、登録メールアドレスにメールが届くようになります。

いろいろと診断できるので、使いこなせれば役に立つんじゃね?

 

Googleトレンド

こちらはGoogleアカウント不要で使えます。

Googleトレンド、非常に面白いです。

 

キーワードの流行を調べる事ができます。

急上昇ワードを調べたり、

複数のキーワードを入力して比較したりもできます。

Googleトレンド比較

 

定期的に急上昇するワードなんかも、これで調べる事ができます。

定期的にあるイベントや、季節物の商品なんかを調べてみても面白いですね。

 

「ワールドカップ」というキーワードは、4年に一度急上昇です。

ワールドカップのトレンド

 

Twitter ツイッター検索

検索サイトでは、まだ引っかからないような、超早い情報をゲットできます。

リアルタイムの情報がわかるので、トラブル検索にも活用できます。

ツイッター検索

twitter ツイッター検索

 

アカウントログインできないとか、サーバーメンテナンス情報とか、

急なトラブルなんかの時も、

公式サイトよりも早く確認できたり、

同様にトラブルにあっている方を確認できたりします。笑

 

インデックスされてない情報を記事に書いたり、

より早くPPC広告打ったりする際の、参考にもなります。

 

共起語抽出ツール LSI調査

指定したキーワードと、一緒に使われる事が多いキーワードを調べる事ができます。

共起語というらしいです。

上位サイトの使用キーワード(共起語)抽出ツール「LSI調査」

 

例えば「エアコン」で検索した場合。

共起語→「家電 家庭用 クーラー 室内機 冷房 タイプ 設置 温度 湿度・・・」

といった具合です。

 

共起語の活用は、SEO的にも有効らしい。

同じキーワードの羅列はスパム扱いになりがちですが、

共起語が多く入っていることは、むしろプラスに働くと思われます。

記事内容の関連性が高まるって感じです。

 

よって、かなり有効なキーワード抽出ツールの一つです。

 

キーワード選定ツールに頼り過ぎない事の重要性

SEO対策をするうえで、キーワード選定ツールは有効だとは思いますが、

キーワードを意識するあまり、

つまらない記事になっては、意味がありません。

 

毎回、同じようなキーワードを使ってしまったり、

どっかで見たような内容になってしまったり、

キーワードだらけの文章になってしまったり、

これでは、スパム記事になりかねません。

 

また、自分がキーワード検索ツールを使って、調べたキーワードは、

他のアフィリエイターも、使っているという事。

同じキーワードを意識して書く文章は、

どうしても同じような内容に、なりがちです。

 

キーワードというものは、日常のあらゆる場所に落ちています。

ライバルサイトはもちろん、

一見関係のないようなサイトにも、面白いキーワードが落ちているものです。

テレビや雑誌、チラシ、本、デパート、

ちょっとした意識の違いで、様々なキーワードが拾えます。

 

どの様な文章、どんなキーワードで、お客様を集客しているのか?

今一度意識して、生きてみていかがでしょうか?

Pocket
LINEで送る


コメントを残す