ヤフオクの再訪問期間(クッキー有効期間)と、報酬料率を調べてみた。

2014年9月末日、

ヤフオク!のアフィリエイトがYahoo!アフィリエイトで終了。

バリューコマースへ移行となります。

まぁ、アフィリエイターならバリューコマースでやってますよね。

 

ヤフオクのアフィリエイトと言えば、

アフィリエイトの再訪問期間が、イマイチはっきりしない。

 

8時間とか、8日だとか、30日だとか・・・様々な情報を見かけたので、

実際に調べてみました。

 

バリューコマースの、注文リストレポートより検証です。

 

ヤフオクの再訪問期間は・・・8日なのか?

ヤフオクの注文レポートをダウンロードしてみる。

先月と今月の途中まで。

ヤフオクアフィリエイト成果一覧

 

クリック日と注文日の差が一番多いのを、

クッキー有効期間と判断します。

 

クリック日との差が大きいものをチェックしてみると、

こんな感じ。

ヤフオクの再訪問期間

6月2日にクリックで、6月14日に注文になっている・・・。

再訪問期間は12日間!?

30日は・・・全然有効では無いですね。

 

しかしながら、未だステータス保留の情報なので、

承認されなきゃ、確定ではないけどね。

再訪問期間8日以上なのは、間違いない。

 

ヤフオクの新規注文の定義と報酬料率

最近では、ヤフオク!の報酬額が割と馬鹿にならない金額となって来たので、

ついでに報酬料率について、調べてみました。

ヤフオク!のアフィリエイト報酬について

■報酬
新規注文:税抜1.85%~(税込2%~)
既存注文:税抜0.93%~(税込1%~)

※上記は最低料率となり、出品者の任意報酬により料率が異なります。
※新規の定義は過去1年入札がない方を新規としています。

■報酬発生条件
アフィリエイト広告経由で入札され「落札」された場合に成果が発生します。
「新規注文はヤフー報酬負担2%(税込)、既存注文はヤフー報酬負担1%(税込)」
その他出品者任意負担が1%~99%まで発生する場合があります。

【報酬対象外】
アフィリエイトサイト様自身の自己落札。
入札後にキャンセルなどで落札に至らなかった場合。
チャリティオークションからの落札。

除外カテゴリ【特定カテゴリ、不動産カテゴリ、その他カテゴリ】 ・ 除外商品【官公庁出品商品】

 

新規ユーザーの注文は料率2倍って結構デカいです。

私の場合、結構な頻度で2%の報酬となってます。

過去1年以上入札がない方は、新規ユーザー扱いとなる様です。

この辺もありがたい。

 

また、出品者負担でアフィリエイト料率が上がる場合もある様ですが、

私は今のところ、2%以上の報酬は見当たらない。

 

ヤフオクは、再訪問期間がまぁまぁ長く、アフィリエイト料率1%以上、

クッキー有効期間は、アマゾンに比べ長いので、

報酬も上げやすいです。

実際、私は結構上がるようになってますし、

アマゾン、楽天には無い商品も多くあるので、

上手い事併用する事をオススメします。

 

中古品は間違いなく、ヤフオク!で購入しますから、

新品価格と比較するなんて事も有効です。

 

ヤフーショッピングの再訪問期間は8時間なのか!?

ヤフオクもそうですが、

ヤフーショッピングの再訪問期間も、明記されてませんよね?

噂では、8時間らしい・・・ってホントかな?

ホントなら、再訪問期間が短過ぎ・・・

だったら、楽天の商品紹介した方が良いですね。

 

商品も似たような感じで、楽天のクッキー有効期限は30日ですから。

楽天アフィリエイトが稼ぎ易いと言われる理由。再訪問期間の重要性。

 

私のヤフーショッピングの成果は無いに等しいので・・・

残念ながら検証できず。

成果が上がるようになったら、

ヤフーショッピングの再訪問期間も合わせて検証したい。

 

ヤフーショッピングの商品アフィリするなら、

同じくバリューコマースです。

報酬額も変わらないですから。

楽天アフィリエイトとアマゾンアソシエイトの報酬率と有効範囲。再訪問期間はASPによって違うのか?

 

まぁ、ヤフーショッピングやるなら、楽天とアマゾンやるけどね。

楽天とAmazonのASPは、もしもアフィリエイトがオススメです。

AmazonアフィリエイトASPを比較する。アマゾンやるなら「もしもアフィリエイト」が一番オススメ。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す