Exifで個人情報がダダ漏れ。画像のアップロードには気をつけろ。

ブログを書く際に、画像って挿入してますか?

文章に画像をプラスする事により、

非常に見やすくなるのはモチロン、

SEO的にも有効ですよね?

 

そんな画像ファイル。

画像ファイルには、様々な情報を埋め込む事ができます。

Exif (Exchangeable image file format) といわれるデータです。

イグジフもしくはエグジフと読むらしいです。

 

最近のスマホで撮影した写真には、

様々なデータが時等的に埋め込まれ、

いつ、どこで、誰が撮影したのか?

すぐに分かる様になってます。

※もちろん設定で変更は可能。

 

非常に便利な反面、取り扱いに注意が必要です。

特にサイト運営している方。

撮影した画像を、そのままアップロードしてません?

個人情報ダダ漏れてますから。

 

Exifから分かる情報とは?

画像ファイルを、右クリックしてプロパティを開く。

詳細タブをクリックするだけで、

様々なデータが付与されている事がわかります。※Windowsの場合

 

撮影したカメラの情報、撮影日時、

フラッシュ有り無しか?

なんて事まで、分かってしまうのですね。

Exif カメラ情報

 

更にはGPSデータ、撮影者の名前まで分かってしまうんです。

 

GPS情報から撮影地、住所が丸分かり。

特に気を付けなければイケないのは、画像のGPSデータ。

 

最近のスマホやデジカメには、

GPS機能は、当たり前に付いているので、

当たり前に、GPSデータも付与されています。

Exif GPSデータ

 

撮影した場所が、かなり正確に分かるので、

自宅で撮影を繰り返して、画像アップロードしていれば、

住所を公開している様なものです。

 

画像を、逐一ブログでアップしていれば、

いつどこに行ったのか?どんな行動をしているのか?

全て分かってしまいます。

 

以前、SNSの画像から空き巣被害なんてニュースもあったけど。

それも画像のExif、GPSデータが関係していたようですね。

 

※最近では、TwitterやFacebookなどでは、

自動的にExifデータ削除される様になったみたいです。

 

画像のGPSデータの取り扱いには、くれぐれも気をつけましょう。

 

著作権情報や作成者情報で、本名もバレる危険性。

カメラによっては、

カメラの撮影者のデータを入力する事ができます。

 

撮影者名や著作権者情報を、

無意識に設定している方も多いのではないでしょうか?

Exif撮影者情報

 

GPS情報と同様に、Exifで著作者も確認できてしまう為、

本名で設定していた場合、本名もダダ漏れです。

 

ペンネーム、匿名で運営していたつもりが、

画像データで本名公開。

なんて事。あると思います。

 

Exif Viewerで、ネット上の画像情報を簡単に確認できる。

画像のExifについて心配になった方。

ネット上の画像にExifが有るか無いか、簡単に確認する方法が有ります。

Chromeの拡張機能、Exif Viwerです。

Chrome ウェブストア – EXIF Viewer

 

画像の上にマウスカーソルを乗っけると、

Exifが表示されるという、非常に便利なやーつ。

画像にGPSデータがあれば、Google Mapsで表示もされてしまいます。

※Exifデータが無ければ「Exif データなし」と表示されます。

 

こちらがEXIFデータが残っている画像。

EXIFで個人情報ダダ漏れ

いつ、どこで撮影したものでしょう?

GPSデータも残っているので、一瞬で分かってしまいますね。

 

Exifデータの削除の方法。

データ削除は簡単です。

画像のプロパティから、簡単に削除できます。

※Windowsの場合

 

プロパティの「詳細」タグより、

「プロパティや個人情報削除」をクリック

Exifデータ削除の方法

 

個人情報を削除して、画像を複製するもよし、

→「可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成」

指定した情報のみ削除するもよし、

→「このファイルから次のプロパティを削除」

Exifデータ削除

 

削除するとExifデータなしになります。

 

こちらがEXIFデータ削除後の画像

EXIFデータ削除

どぅでしょう?

 

Exifまとめ。

Exifって非常に便利な機能なのですが、

知らないで使っていると、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

 

アフィリエイトの良い点は匿名でも、可能な点。

サイト運営を匿名でやっているつもりで、

Exifで個人情報のダダ漏れでは意味がありません。

 

住所と名前さえ分かってしまえば、色々と悪用される時代。

SNSや、ブログ等にそのまま画像アップロードしてたりしません?

 

くれぐれも気をつけましょう。

 

P.S.

SNSって恐ろしいですね。

誰でも気軽に投稿できてしまい、

それが誰でも確認できてしまう時代。

 

炎上して個人情報さらされた後では・・・後の祭り。

人生終わります。

 

画像のアップロードする際は、

Exifデータだけでなく、

画像自体の内容にも問題が無いか?

くれぐれも、お気をつけ下さいませ。

Windows Live Writer で過去の記事を取り込んで編集する方法。

Windows Live Writer って非常に便利なんだけど、

ある時気付いた。

 

「最近の記事を開く」から、過去に投稿した記事が消えている!!

既に投稿した記事が編集できない!?

ワードプレス上で、過去に投稿した記事とかって編集できないの!?

 

・・・そんな事は全然ありませんでした。

無料ブログで書いた記事でも、

ワードプレスで書いた記事でも、

過去記事のインポート編集が可能です。

 

 

Windows Live Writerで過去に投稿した記事を表示する

過去記事を表示する方法は、非常に簡単。

 

Windows Live Writerの左上よりメニューより、

「最近の記事を開く」をクリック。

最近の記事を開く

 

すると、Windows Live Writerに、

登録しているブログ一覧が表示されるので、

過去記事を表示したいブログをクリックするだけ。

登録ブログ一覧

 

ブログを選択すると、

自動的に過去に投稿した記事を取得してくれます。

ブログから記事を取得しています

 

で、取り込まれた記事が、右側に一覧表示されます。

過去に投稿した記事が表示される

 

記事の取り込みも早いので、

投稿したあとの、ちょっとした修正なんかにも使えます。

 

Windows Live Writerは、WordPressの下書き記事もインポート可能

記事の取り込みは、過去記事だけでなく、

ワードプレスの下書き記事も、取得できます。

 

よって

Widows Live Writerの入ってないPCで、

記事を下書きをして、

あとでWindows Live Writerで清書する。

なんて事も可能です。

 

私は、外出先でアイデアが浮かぶ事が多いので、

ワードプレス上で、文章だけ書いて、

自宅のWindows Live Writerで取り込み、

修正して、

本番記事を、アップロードする。

なんて事も多いです。

 

Windows Live Writerの方が、

画像やら、デザイン修正が、

非常に早く簡単にできますからね。

 

Windows Live Writer では、

アフィリコードの貼りつけ方も簡単です。

Windows Live Writerで、アフィリエイトコードの貼りつけは超簡単だった!

画像検索のSEO対策。代替テキスト(alt属性)とファイル名の重要性。

ブログに画像をアップロードしていて気付いた。

アップロードする際に名前とか、付けた方が良いのかな?

 

画像のファイル名とか、タイトル名とかでも、

検索でヒットするんじゃ・・・

そのままアップロードしているけど、キーワードを含めた方が良いのかな?

 

という訳で、サイトに画像を投稿する際にできる、

SEO対策について調べました。

Google画像検索なんかも有りますからね。

 

で、調べたところ、

画像ファイルをアップロードする際に気を付ける事って、

たくさんありました。

 

ブログ投稿時に、

「IMG0123456.jpg」とか、

「IMG_0000.jpg」とか、

わけのわからない名前で、そのままアップロードしてません?

 

これって非常に駄目な事だったんです。

 

画像の代替テキスト、alt属性の入力は必須。

画像をアップロードしても、

Googleロボットさんは、その写真がどういった内容の写真なのか?

容易に判断できません。

 

というわけで、

その画像がどういった内容の写真なのか?

という説明を加える作業が必須です。

画像の内容を説明する為の、テキスト入力が必要になるわけです。

 

その情報を画像に入力できるのが、

imgタグのalt(alt属性)

いわゆる代替テキストと呼ばれるヤツです。

 

代替テキストは、SEOの効果があるだけでなく、

画像が閲覧できない環境で、

画像の変わりに表示されるので、

閲覧しているユーザーにもありがたい。

 

優れた代替テキストを作成する事は、Googleさんも推奨しています。

よってaltタグは、絶対に必要なのです。

 

※Windows Live Writer のデフォルトでは、

画像のファイル名が、alt属性(代替テキスト)に設定されます。

 

 

画像の代替テキスト(alt属性)と、タイトル(title属性)の違い。

Windows Live Writerで、alt属性(代替テキスト)を設定しようとすると、

同様に入力できるものとして、title属性(タイトル)がありました。

代替テキストとタイトルの違い

 

タイトル?

代替テキストと何がちがうん?

調べました。

 

alt属性(代替テキスト)

画像の内容を文字(テキスト)で説明する。

画像が表示できない場合や、画像の読み込み前なんかに、

画像の代わりにテキストが表示する。

音声ブラウザなんかでは、altテキストの読み上げとなります。

 

title属性(タイトル)

画像について補助的な説明をする。

画像の上にマウスカーソルを乗せた時、ポップアップで画像の説明を表示する。

 

また、alt属性はSEO対策上、必須なのに対し、

title属性はそこまで重要ではないっていうのが、一般的な見解の様です。

 

title属性もSEO効果があるとは言われたりしてますが・・・

定かではありません。

 

alt属性と、title属性に入力すべき内容。

alt属性は、

キーワードの乱用ではなく、説明の文章として入力した方が良い。

 

Googleのウェブマスターツールのヘルプにも、

具体例が載ってました。

適切な例:

<img src="puppy.jpg" alt="子犬"/>

最適な例:

<img src="puppy.jpg" alt="持ってこいをするダルメシアンの子犬"> 

次のような記述は避けてください。

<img src="puppy.jpg" alt="子犬 犬の赤ちゃん 小さな子犬 レトリーバー ラブラドール ウルフハウンド セッター ポインター ジャックラッセル テリヤ ドッグ フード ドッグフード 安い 子犬の餌"/>

 

※参考→画像 - ウェブマスター ツール ヘルプ

なるほど・・・ですね。

 

簡潔に画像の説明分を入力する。

それが代替テキストの役割です。

 

画像と関係無い内様のテキストや、

長すぎる代替テキスト。

キーワードの羅列は、Googleペナルティの対象にもなりかねません。

気をつけましょう。

 

title属性は、alt属性と同じ内容を入力されてる方が多いみたいですね。

Title属性のSEO的な効果は謎なので、

ポップアップ表示されるという事を踏まえつつ、

alt属性とは別の内容に変えてみても、いーんじゃない?

 

Google画像検索で上位表示させる方法は?画像ファイル名も認識する。

Google画像検索については、

Googleの公式ブログにも言及されてました。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 画像検索についての A to Z

 

目からウロコの内容でした。

 

この記事を見て私が重要だと思った点。

  • alt属性が人間が読んでわかる説明文である。
  • Googleは画像ファイル名も認識する。
  • ページタイトル、本文も関係ある。
  • 画像周辺のテキストは、画像に関連するもの。
  • インデックスされる画像サイズに制限無し。
  • 複数のサイトで、画像は重複して存在しない方が良い。
  • 上位表示には、画像があるページの評価も関係してくる。
  • アダルト画像には気をつけろ。

 

alt属性は、上記で説明したとおり、やはり超重要って事ですね。

画像のファイル名も認識するので、ファイル名も重要って事です。

しかも、日本語のファイル名も認識するみたいですね。

 

また画像も、文章同様、

WEB上には重複して存在しない方が良いみたい。

他サイトから、画像のコピペはモチロン、

フリーの素材なんかも、あまり多用しない方が良いかもしれませんね。

 

画像のSEOまとめ。

いろいろと長々記載しましたが。

画像アップロードにも、ひと手間加えろって事ですね。

 

くれぐれも撮影時のファイル名のまま、

投稿するのは辞めましょう。

 

画像アップロードする際には、

適切な「alt属性」を入力する事も、絶対に必要です!

 

私は大量の画像を、既にそのままアップロードしてしまったけどね!!

 

今から、alt属性とか、画像のファイル名を変えるの面倒・・・

気付いてしまったので、少しづつやっていきたいと思います。

 

P.S.

デジカメ等で撮影した画像には、

EXIFデータが含まれる事が多いです。

Exifで個人情報がダダ漏れ。画像のアップロードには気をつけろ。

個人情報をダダ漏れしない様、合わせて気をつけましょう。

Windows Live Writerで、アフィリエイトコードの貼りつけは超簡単だった!

ブログ記事を書いていて思う事。

画像挿入は比較的、簡単なんだけど、

アフィリエイトリンクの張り付けって、非常に時間がかかる。

 

Windows Live Writerで記事を書いていても、

アフィリエイトに必要な、アフィリエイトhtmlタグの貼りつけって、

非常に面倒じゃありません?

 

わざわざ、ソース画面を表示して、

英語のコードの羅列を見ながら、

挿入すべきであろう場所に、

アフィリエイトコードを貼りつける。

 

貼りつけても上手く反映されなかったり、

全ての配置がおかしくなってしまって、

全体的に修正しなければいけなくなってしまう・・・

なんてことありません?

 

この、アフィリエイトリンクを貼りつける作業。

結構時間がかかるので嫌いでした。

で、なんとかならんのか?

調べながら、いろいろ試してたら、

何の事も無く、簡単にアフィリタグ挿入できました。

 

Windows Live Writer の編集画面から、

簡単にHTMLコードって貼りつけられるんです。

知ってましたぁ?

 

プラグイン「コード左衛門」で、簡単にHTMLコード貼りつける方法。

プラグイン「コード左衛門」って使ってます?

 

Windows Live Writerに、

コード左衛門というプラグインを導入することにより、

簡単にHTMLコードが貼りつけられる様になるというもの。

 

便利だよ。便利だよん。

という事で、

早速このプラグインを導入してみた。

 

Windows Live Writerの挿入タブより、

プラグインでコード左衛門を選択。

コード入力して、貼りつけ・・・。

 

確かに便利だけど、

この作業すら面倒じゃない?

良くわかんない、プラグインを入れたくない方も多いですよね?

 

で、更に試行錯誤していると、

Windows Live Writerには、

右クリックで、HTMLコード貼りつけ機能があったんです。

 

HTMLコードを貼りつけるプラグインは不要。編集画面で右クリック。

アフィリエイトコードごときで、プラグインは不要でした。

簡単にHTMLコード貼りつけ可能でした。汗

 

事前にアフィリエイトコードをコピーしておきます。

で、Windows Live Writerの記事を入力する画面(編集画面)で右クリックをする、

形式を選択して貼り付け

「形式を選択して貼り付け」をクリック。

 

こんな画面が表示されるので、

HTMLコード貼りつけ

あとはHTMLを選択するだけです。

これで、HTMLソースコードとして貼りつけが可能です!

凄くね?

 

アフィリエイトコードをコピーして、

「右クリック」→「形式を選択して貼り付け」→「HTML」

だけです。

超時間短縮です。

 

↓こんな感じの、アフィリリンクが一瞬で設置できます。


今すぐ使えるかんたんPLUS アフィリエイト攻略大事典

 

Windows Live Writerって最強ですね。

サイト切換えに、投稿のし易さ、

画像アップも楽で、アフィリコード挿入も楽・・・

無料でこれだけ便利なのは奇跡じゃね?

ブログ運営している方は、是非使う事をオススメします。

 

無料なくせに、

下手な有料ツールより役に立ちますから。

 

・・・あっ!

ちなみに、Windowsユーザー限定だからね。

ライバルサイトのアクセス数を把握する方法。他人のサイト解析はSimilarWeb

アフィリエイトをやっている方なら、誰でも気になるアクセス数。

自分のサイトのアクセス数はもちろん。

他人が造ったサイトのアクセス数やPV数って、

非常に気になりますよね?

 

競合サイトは、どれくらいのアクセスがあるのか?

実は簡単に調べる事ができるんです。

SimilarWeb(シミラーウェブ)っていうサイト。

SimilarWebでアクセス解析

SimilarWeb – Free & Advanced Web Analytics Tool

 

無料で登録不要。使い方も簡単。

精度も割と良い感じ。

 

他人の運営しているブログ、サイトのアクセス数が、

簡単に把握できてしまいます。

 

SimilarWebの使い方。

上記サイトにアクセスして、

検索窓に、アクセス数を知りたいサイトのURLを入力するだけです。

SimilarWebの検索窓

 

「Enter a website」って書いてある検索窓に、

ライバルサイトURLを入力するだけ。

コピペで一瞬でデータ出てきます。

 

恐るべしSimilarWeb。

 

SimilarWebで把握できる事。

気になる競合サイトURLを入力するだけで、

ホント、いろいろと分かってしまいます。

  • 国別ランキング(SIMILARWEB RANKINGS)
  • 過去半年の週間アクセス数(WEEKLY VISITS)
  • 国別アクセス(GEOGRAPHY)
  • 検索キーワード(ORGANIC SERCH KEYWORDS)
  • 滞在時間(TIME ON SITE)
  • ページビュー(PAGE VIEWS)
  • 直帰率(BOUNCE RATE)

 

他にも・・・

トラフィック内訳、リファラル、検索、ソーシャルアクセス比、被リンク・・・

 

特に何の設定もなく、URL入力するだけでこれだけの情報。笑

SimilarWebの仕組みは謎ですが、ホント凄いですね。

ライバルサイトの情報が筒抜けです。

 

SimilarWebの注意点。

イスラエル発のアクセス解析ツールらしいので、全て英語です。

 

またアクセス数は、1000で1Kと表示されたりする為、

若干「?」となります。

10000アクセスの場合は10Kと表示されます。

SimilarWebの解析結果画面

 

アクセス数も、1週間単位でしか把握できません。

また解析できるサイトは、ドメイン毎となります。

 

ドメイン毎の解析しかできないので、

アメブロ等のブログ、

カテゴリー分けタイプのサイトでは、アクセス解析はできません。

サブドメインでは解析可能なので、

FC2ブログ等のサブドメインタイプは、解析可能となる・・・はずです。

 

実際にSimilarWebの精度を検証してみる。

私のとあるワードプレスサイトで検証。

Google Analysticのアクセス解析データ

2014年4月13日あたりの、週間アクセス数は15482。

Google Analysticのアクセス解析データ

SimilarWebのアクセス解析データ

2014年4月13日あたりの、週間アクセス数は15000。

SimilarWebのアクセス解析データ

 

グラフ推移も似た感じで、実際のアクセス数も、まぁまぁ合ってるって感じです。

しかしながら、ある程度のアクセス数が無いと解析されません。

このサイト「アフィリエイト保育園」は、

アクセス数が少ない為、検索してもエラーが出てしまいます。

NOT ENOUGH DATA

「NOT ENOUGH DATA」っすか・・・汗

 

運営している、ネットショップなんかでも検証しようとしたところ、

同様にエラーが出てしまいました。

 

サイトによっては精度も微妙になったりするみたい・・・。

解析方法の仕組みが謎なので、精度も謎です。

 

まぁ無料なんで、文句は言えないですけど。

ライバルサイトのアクセス数が、

だいたい把握できるだけでも、非常に嬉しいですからね。

 

ライバルサイトのアクセス解析ができれば、

モチベーションアップにも繋がります。

報酬公開していたりするサイトもあるので、

こんなサイトで、報酬がこんなもんか。

とか?

 

稼いでるとか言ってるけど、アクセス数こんなもん。

とか?

 

まぁ使い方は、いろいろなんで、

とりあえず、使った事無い方は使ってみて下さい。

無料で、けっこー使えますから。

SimilarWeb – Free & Advanced Web Analytics Tool

 

※追記

Chromeの拡張機能でも「SimilarWeb」ありました。

Chromeにインストールすれば、右上のボタン一つで、

閲覧しているサイトのアクセス数が把握できてしまいます。

Chrome_similarweb

 

いろいろな方がSimilarWebの精度を検証していますが、

訪問者数、閲覧ページ数、滞在時間、直帰率の数値は、

ある程度信頼できるのかな?

 

無料で、今のところ評価も高いっぽいので、

使ったことの無い方は使ってみてはいかがでしょうか?

Just Answer Affiliates プログラムで英文メールが届く「Form W-9」

ジャストアンサーって使った事あります?

オンラインで専門家が丁寧に答えてくれるサービス。

 

税金、法律、IT、英語、子育て・・・

ジャンルは様々ありますので、使った事がある方も居るのでは?

ネットビジネスでも、税務や、著作権等の法律トラブルもありますからね。

Just answer→弁護士 に今すぐ聞く

 

利用しているなら、アフィリエイトしないとイケない気がする・・・

JustAnswerにはアフィリエイトプログラムがある。

というわけで、早速申し込んだのですが、

数日後、JustAnswer Affiliatesというタイトルで謎の英文メールが届きました。

 

謎の英文メール引用

Hi,

Welcome to the JustAnswer Affiliate Program! We look forward to seeing our “Ask a Question” gadget on your web site.

Please fill out and sign the attached W-9 form so our accounting team can open your payout account and pay you when you start earning commissions.

Looking forward to working with you!

Best Regards,

www.JustAnswer.com

 

で、添付ファイル

Form W-9

 

英語メールで、英語の書類を送る。

海外の会社感バリバリですね。

どうやら、W-9という書類を提出する必要があるみたいなメール。

 

っても私は日本人。

日本語で、JustAnswer日本語サイトに問い合わせました。

このメール何?書類必要?って。

 

で、翌日には回答頂けました。

JustAnswer問い合わせ回答メール引用

JustAnswerにご連絡いただきありがとうございます。こちらはユーザーサポートでございます。
添付ファイルの件ですが、アメリカ納税者のみ必要な書類となります。○○さまが日本在住でいらっしゃれば不要となります。
ご案内が紛らわしくなり申し訳ございません。

なお、お支払いはpaypalにて受け取り可能です。報酬が発生しますと、paypalアカウントの入力が可能となりますので、発生次第ご記入ください。
ご不明点等ございましたら サポートチーム まで、Eメールでご連絡ください。 お問い合わせの内容によっては、返信までにお時間がかかる場合やご要望に沿えない場合があります。あらかじめご了承ください。

JustAnswer 日本語サイト
サポートチーム
www.JustAnswer.jp

 

というわけで、日本在住の方は、書類は不要です。

報酬支払いはPaypalアカウントのみ。

支払い額の20%が報酬。

20ドル以上から報酬支払いが可能。

 

20%報酬は結構アツいので、

私のアクセスが多いページで、数カ月アフィリンク貼ってますが・・・

未だ報酬は発生してません。爆

もちろん記事内で、上手い事紹介しているつもりです。笑

 

よって、私には合っていない気がする。

アフィリエイトプログラムの使い勝手もイマイチ。

 

JustAnswerは、アメリカの会社っぷり全開なので、

まぁ、期待しないで、ひっそりと続けてはみようかな。

 

気になる方はやってみては?

ASP