レンタルサーバーのCPU使用量。データ転送量の目安とデータベース容量について。

wpXレンタルサーバーをメインで使っているのですが、

気付いたらCPU使用量が900%とか表示されてるし、

先日は、ロリポップでもアクセス制限もかけられちゃってん。

データ転送量って意外と喰います。

 

アクセス数が少ない時は気にも留めなかったけど、

アクセスが増え始めたら、一気に増える。嬉しい悲鳴。

 

レンタルサーバー選びって、データ転送量ってのが一つの目安になると思う。

でもでも、データ転送量ってどれくらい使うか?全然わかんない。

そんな人へ。

せっかく私のサイトのデータ転送量を調べたので、レンサバ選びの参考までに。

 

サイトの規模や、サイトの構成にもよって全然違うと思うけど。

一つの指標になれば幸い。

※私はワードプレスサイトしか作れません。サイト量産もしてません。

wpXサーバーのサーバー基本情報(リソース利用状況)

WordPress専用高速サーバーといえばwpXレンタルサーバー

ロリポップから移行して、現在2つのドメインを運用しています。

月額1000円(年額12000円)で、クラウドじゃない方を利用中です。

2つのウチ、1つのサイトはまだまだアクセスが少ないんで、

ほぼ1サイトのみのデータとなります。

 

wpXのサーバーで、データ転送量を調べる。

管理画面のサーバー基本情報より、リソース利用状況にて調べられます。

KS001636

 

左から、日付、CPU使用量の最大値、平均値、転送量(MB)の最大値、合計値という順番です。

KS001628

 

PV数は、アナリティクスで調べる。

KS001627

 

データを照らし合わせてみたところ、

1日平均15000PVで、1日16GB前後の転送量です。1PV≒1MBちょいだね。

写真ゴリゴリ挿入してるんで、転送量は多い方だと思う。

 

CPU使用量は1日平均70~80%

CPU使用量の最大値930.43%って異様な数値。

心配なので問い合わせてみたところ、

CPU使用量が100%を超える場合は、

サーバー稼働状況により制限される場合も有るとの事。

 

WpXサーバー1日辺りの転送量目安が50GBだから、

まだまだ余裕が有ると思ってたのに・・・

月間50万PV満たずで既にピンチ。

CPU負荷に繋がるプラグインを見直してくれってよーん。

 

複数サイトで運用する予定だったけど、単独サイトにするわ。

ちなみに、wpXサーバーのリソース量の上限は、

wpXクラウド「グレードB」相当って話でした。

今後、wpXクラウドの「グレードC」 or 「グレードD」に移行するか?

とりあえず、今んとこは無問題なんで、現状維持で様子見也。

まだまだ断トツで、サクサク動いてます。

 

エックスサーバーのX Analyzer(エックスアナライザー)

ドメインを一番ブッ込んでいるサーバーは、大人気のエックスサーバー

ワードプレス専用じゃない方で、一番安いプランX10を利用してます。

wpXと同じく、月額1000円(年額12000円)です。


サーバーパネルのアクセス統計より、ドメイン毎に調べられます。

※アクセス解析(X Analyzer)を利用するには、事前にアクセス解析の設定が必要。

アクセス統計→ドメイン選んで「アクセス解析設定の追加」をクリックするだけです。

KS001637

 

とりあえずアクセスの有るサイトを抽出。

左から、日にち、PV数、訪問回数、転送量って順です。

KS001632

グーグルアナリティクスのデータとは、微妙にズレてるけど・・・

KS001631

1日平均1500PVのサイトで、1日2GB弱くらい。1PV≒1.3MBくらい?

 

ちなみに、当サイト(アフィリエイト保育園)もエックスサーバーで運用中。

同じく、日にち、PV数、訪問回数、転送量って順です。

KS001634

続いて、アナリティクスデータ。日曜日にアクセス急落ぅ~ん。

KS001635

1日200~250PV平均で、200MB平均。

当サイトのコンテンツ量で、1PV→1MBみたいなゲロゲロ。

 

エックスサーバーのX10プランも、転送量は1日50GB目安のハズですが、

wpXでのCPU負荷率の事も考えると、

やはり月間合計50万PVくらいが一つの目安じゃないかなと。

私のサイト郡では、まだまだ余裕有るハズなんだけど・・・

wpXに比べると、既にモッサリしている。wpXはやはり早いね。

 

中規模サイトを複数運用するなら、アップグレードも考えた方が良いかも。

エックスサーバー全プラン

■転送量の目安について(変更前→変更後)

X10プラン:500GB/月 → 50GB/日
X20プラン:1,000GB/月 → 70GB/日
X30プラン:1,500GB/月 → 80GB/日

ニュース | レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】

X20プランで2倍の月額2000円、X30プランは更に2倍の月額4000円・・・

だったらwpXレンタルサーバーを、2~3個契約するかな。

 

ロリポップのアクセスログ解析

私が最初に契約したロリポップ!。エンタープライズプランを契約中です。

ロリポップの場合、アクセスログ解析より、データ転送量が調べられます。

アクセスログ解析 / ユーザー専用ページ / マニュアル – レンタルサーバーならロリポップ!

他にも色々調べられるみたいだけど、使いこなせズーン。

 

管理画面より、WEBツール → アクセスログで、ドメイン毎に解析できます。

KS001639

 

週間のデータ転送量が、23216611419バイト

データ転送量の日別平均が、3398934571.305408バイト

KS001630

バイト表記・・・非常に分かり辛い。3398934571Byteなんで、3GB強。

 

アナリティクスデータは、1日平均7000PV超えくらい。

KS001629

1日平均7000PVくらいで、1日辺り3GB強のデータ転送量となってます。

1PV≒0.5MBくらいなんで、他のサイトより軽め。

ページ毎の画像&テキスト量も少な目です。

 

ロリポップのチカッパプランでは、一つのサイトしか運営してませんが、そろそろ限界かも。

チカッパプランのデータ転送量は、1日10GB制限ですからね。

Q.データ転送量の制限はありますか?
A.各プランごとのデータ転送量の制限は以下の通りです。

コロリポプラン:1GB/日
ロリポプラン:5GB/日
チカッパプラン:10GB/日
ビジネスプラン:無制限

データ転送量の制限はありますか? / サービスについて / よくある質問集 / サポート – レンタルサーバーならロリポップ!

月額500円と料金は安いですが、限界値も早めです。

サイト表示速度も遅くなってきており、ワードプレス管理画面の動作も重い・・・

新登場のビジネスプランなら無制限だけど・・・まだまだ未知数。

チカッパ1日10GB制限だけど、一時的でもアクセス集中すれば制限されますから。

 

私がアクセス制限をかけられた実例。ロリポップのチカッパプラン。

上記のロリポップの運営サイトで、アクセス集中したらしく、

下記の様なメールが届きました。

【ロリポップ!】サーバー負荷によるアクセス制限解除のご連絡

平素はロリポップ!レンタルサーバーをご利用いただきありがとうございます。
お客様がご利用の【xxxxxx.com】にて発生しておりました大量のアクセスが解消し
サーバー上での負荷が軽減いたしましたので、アクセス数の制限を解除いたしました。
ロリポップ!では、サーバーに高負荷障害が発生しサービスの継続が
困難となる場合には、緊急に制限等を行うことがございますので、ご了承ください。

 

アクセス制限されてたなんて、聞いてないんですけどーって事で問い合わせてみた。

お問い合わせいただきました件について、この度は、【xxxxx.com】に
対して複数のIPアドレスからのアクセス集中が確認されたため、2015/06/19 23:10 より
アクセス制限を実施させていただいておりました。
※アクセス制限の実施につきましては、解除のご連絡と同様、「xxx@xxx.com」宛てに下記の件名でご連絡を差し上げております。

・【ロリポップ!】サーバー負荷に関するアクセス制限のご連絡

アクセス制限を実施させていただく際の目安につきましては、誠に恐縮ながら
明確な数値での基準がございませんため、お伝えすることができかねます。

メールを送ったって言うんだけど、迷惑メールを調べても届いてないんだよね・・・

 

アクセス制限の目安は教えてくれない。明言できないという事なので・・・

実際にアクセス制限がかけられた日のアクセスを調べてみた。

6月で最も混雑した時間は、2015年06月19日22時45分 (6258 ページのリクエスト)。

まさに、アクセス制限をかけられた30分前。

 

時間別レポートのグラフも確認してみた。ぐぐぐいーんってなってます。

KS001640

 

翌週の同じ時間で調べたら、10分の1以下のアクセス数。バズったな。

KS001641

10倍のアクセス数・・・そりゃ制限かけられるわー。

 

バズってアクセス制限かけられたら意味ないので、

転送量には余裕が必要という事を痛感しました。

ちなみに、翌朝8時頃にはアクセス制限解除された模様です。

 

WordPressサイトに必要なデータベース容量(MySQL容量)について。

サーバーのデータ転送量同様に、重要な事に気付いたデータベース容量。

WordPressならMySQL容量ってやつ?

 

テキストデータくらいだから、全然必要ないよーって理解してたんだけど、

調べてみたら意外に容量喰っている事に気付きました。

KS001622

wpXサーバーの500MB制限のうち、373MB利用中ってヤバくね?

 

早急にMySQLデータベース容量の確保を計る。

プラグイン「WP-Optimize」にて、不要なデータベースファイルを削除です。

 

1568 post revisions、16560 spam comments・・・汗

KS001623

自動保存されるリビジョンと、スパムコメントには要注意です。

 

削除したら、150MBも空きができました。それでも229MBも有るけどね。

KS001626

 

多くのレンタルサーバーは、データベース容量にも制限も有るので注意。

例えば、wpXクラウドの場合、

MySQL容量は、グレードAで150MB、グレードBでも300MBとなっております。

 

特に、私のようにほったらかしにしている人は、

300MBでも足らなくなる可能性が有るので、気を付けましょう。

データベース容量って、そもそもどーやって管理したら良いのかもワカラナイ。

容量多いに越した事は無い。

 

ディスク容量は要らない。必要なのはデータ転送量。

最後にオマケです。

レンタルサーバーのスペックに、必ず明記されている「ディスク容量」ってやつ。

ディスク容量が多いのを売りにしているように見受けられますが、

ブログや、アフィリエイトサイト運営するだけなら、ハッキリ言って全然使いません。

 

wpXレンタルサーバーのディスク容量200GBのウチ、

私が利用しているのはわずか1GB

KS001643

 

XサーバーのX10プラン、

同じく200GB容量で、利用しているのは1GBも満たない

KS001642

 

ロリポップのチカッパプランも、120GBで利用しているのは、たったの765MBのみ。

KS001638

 

サーバー上で大量のデータを管理したいなら、必要なのかもしれないけど・・・

普通の人なら、まず必要ないし、使い切れもしないかと。

サーバー上に保存容量が大量にあっても、データ転送量が少なければ意味もないからね。

 

データベース容量(MySQL容量)は、ディスク容量とは基本的に別領域になっています。

1データベース毎に○○MBっていうパターン。

データベース容量に、ディスク容量に、データ転送量・・・

ややこしいけど、全部別物だからん。

 

P.S.

データ転送速度って、様々な要素が関係しているようで、

数値ばかりはアテにならず、実際に使ってみないと何ともっぽ。

そもそも、データ転送量=CPU性能というわけでも無く、CPU使用量とは別の話。

サーバーのCPUスペック、メモリの性能なんかも様々だし、

wpXなんかは、最近またCPU性能向上してるからね。

ニュース / WordPress専用の高速クラウドサービス wpX(ダブリューピーエックス)クラウド

この度の強化では、最新CPUへの変更や搭載メモリの大幅増強、基盤システムの高速化、
HDDからSSDストライピング構成への変更によるディスクI/O速度の高速化により、
サーバー強化後はこれまで以上に高速かつ安定したサーバー環境をお使いいただくことが可能です。

■対象サービス
・wpXレンタルサーバー
・wpXクラウド 全グレード

ニュース / WordPress専用の高速クラウドサービス wpX(ダブリューピーエックス)クラウド

まぁ、エックスサーバーと比べて、wpXレンタルサーバーはとりあえず速ぇ~って事は確か。

1サイト入魂なら、先を見越してwpXクラウドっていう選択。

どちらも、ワードプレス専用ですけどねん。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す