ロリポップからwpXサーバーへの移転方法。WordPressサイトの引越し作業覚え書き。

サイトのアクセス数が増えるにつれ、サイトの表示速度低下。

このままではサイトの評価が下がると危惧した私。

面倒ながらサーバー移転しました。

ロリポップのチカッパプランから、wpXレンタルサーバーへ移行です。

ワードプレス超初心者の私には、

トラブルまみれで、スーパー複雑だったので覚え書き。

・・・1週間くらい費やしました。

多少意味不明でも、ご了承下さい。

 

サーバー移転の方法は、皆様ネットで書いてるから簡単だよ・・・

なんて事、全然なかったから。

 

移転先の新サーバー(wpXサーバー)の申込み

ワードプレス専用で高速のサーバー「wpXレンタルサーバー」は、

Xサーバーとは別のサービス(別アカウント)となる模様。

「14日間は無料」って訳なんでとりあえず申込み。

サーバーID、パスワード・・・メモメモメモ。

 

移行前サイトのデータをダウンロード。バックアップを重ねる俺。

移行するにあたって必要なデータは、

「データファイル」と「データベース」の2種類のデータが必要。

  • データファイル:画像(jpg)、システム・テーマ・プラグイン(php)
  • データベース:投稿本文(テキスト)、設定データ(ウィジェット、テーマ、プラグイン)

 

「データファイル」は、FTPソフトでダウンロードする。

「データベース」は、レンタルサーバーの「phpMyAdmin」でエクスポートする。

 

FTPソフトでダウンロードしてコピーして終了・・・とか思ってたんだけど、

記事やカテゴリー、タグなどの投稿データは、

WordPressの「データベース」に保存されてんのね。

 

FTPでコピーできる部分を、

新サーバーで、そのまま置換しても使えないってワケ。

Windows(OS)を、別PCにそのままコピーしても使えないみたいな感じかな?

 

ロリポップのバックアップオプションに申し込み。

けっこー不安なんで、バックアップも重ねます。

メインサイトのデータぶっ飛んだら、職を失います。

考えたくも無いので、慎重に慎重を重ねる。

プラグイン「BackWPup」使ってるけど・・・使い方も不明だし。爆

 

よって、移転前のサーバー(ロリポップ)の、バックアップオプションに申し込みました。

10日間は無料なんで、無料のウチにサーバー移転してオプション解約です。

ロリポップのバックアップオプションで、やってくれる事。

(1)Webサーバー、データベースサーバーのバックアップ
(2)バックアップファイルのダウンロード
(3)復元機能(Webデータのみ)

KS000700

ちなみに、即解約(自動更新解除)しても10日間は無料で使えました

さすがに無料お試しは、1回しか使えないけどね。

 

サーバーデータをダウンロード。FTPソフトでドラッグするだけ。

デスクトップに適当にフォルダ作って、

サーバー上のデータを全てダウンロードコピー。

FTPソフトで、移転前のロリポップサーバーのファイル全選択して、

ドラッグでダウンロードするだけ。

 

私はデスクトップに、ロリポップフォルダ作って、データ保存しました。

FTPソフトは、メジャーなFFFTP使ってます。

KS000766

 

データ容量が多いとエラーが出る可能性がある・・・

っていうのを頻繁に見かけたけど。

私の場合は、何度やっても問題無かった。

エラー出る場合は、数回に分けてデータダウンロードを試すと良いってよ。

 

ロリポップで、FTPソフトの設定方法。

各種FTPソフトの設定方法 / ホームページ / マニュアル – レンタルサーバーならロリポップ!

ロリポップで、FFFTPの設定方法。

Win FFFTPの設定 / ホームページ / マニュアル – レンタルサーバーならロリポップ!

 

データベース(WordPress)のダウンロード。

続いてワードプレスの核となる部分、データベースのダウンロードをします。

 

「WEBツール」→「データベース」より。

「操作する」を選択。

KS000749

 

次の画面で「phpMyAdminを開く」をクリック・・・の前に。

ユーザー名、パスワード、サーバー名を確認しておきましょう

※私はここで手こずりました。

KS000750

 

続いて「phpMyAdmin」のログイン画面。

KS000752

1つ前ページのユーザー名、パスワードを入力。

サーバーも、1つ前ページで表示されていたサーバーを選択しましょう。

 

ログイン後、サイドバーから「information_schema」では無い、

先ほどの「サーバー名の方(LAAxxxxxxxx)」を選択し、「エクスポート」タグを選択。

「エクスポート方法」で「詳細」を選択。

KS000755

「テーブル」で「全選択」をクリック。

 

「生成オプション」は、全てチェック。

KS000753

 

「出力」も特にいじらず。圧縮もしませんでした。

KS000754

容量多いとエラー出る様なので、圧縮「zip」推奨って方が多いみたい。

 

ちなみに、ワードプレスの管理画面からもデータベースエクスポート出来ますが、

これは、完全コピー(ダウンロード)できないみたいなので・・・

レンタルサーバーの「phpMyAdmin」で、エクスポートしまっしょい。

移転先のwpXサーバーで、ワードプレスのデータベース(MySQL)を作成。

移転元のサーバー(ロリポップ)で、

「データファイル」と「データベース」をダウンロードできたら、

続いて、新サーバー(wpXサーバー)側でも準備をします。

ドメインを登録→ワードプレスインストールって感じです。

 

メール認証する為に、admin@ドメイン名のメルアドを作成する。

ワードプレス(MySQL)をインストール・・・の前に、

ドメインを追加しておかなければ、ワードプレスインストールできない。

 

ドメインを追加するには、ドメイン認証が必要。

私はメール認証を利用しました。

ドメイン認証は「admin@ドメイン名」 or 「webmaster@ドメイン名」のみ対応。

メール認証の方法

追加されるドメインの指定メールアドレスに対して認証IDを送信いたします。
送信された認証IDをご確認いただき、パネル内にご入力いただくことで認証を行います。
認証用に利用できるメールアドレスは下記となります。

admin@ドメイン名

webmaster@ドメイン名

設定手順

  • 1) 承認に使用するメールアドレスを作成します。
    ※メールアドレスは現在ドメイン利用しているサービスで追加してください。
  • 2) 追加するドメイン名を入力し『認証メール送信』をクリックします。
  • 3) 送信されたドメイン認証メールの本文にある【認証ID】を確認します。
  • 4) ドメイン追加の「メール認証」を選択し、認証IDを入力してドメインを追加します。

※参考→マニュアル – ドメインの設定 / WordPress専用の高速クラウドサービス wpX(ダブリューピーエックス)クラウド

 

というわけで、

移転前のロリポップで「admin@ドメイン名」のメルアドを、作成しておきます。

「メールツール」→「メール設定」より、「新規作成」で作っておきましょう。

KS000717

 

新サーバーwpXサーバーにドメインを追加する。

ドメイン認証用のメルアドを作ったら、wpXでドメインを追加します。

「サーバーの管理」→「ドメイン管理」→「ドメイン追加設定」

KS000716

 

「メール認証」で、ドメイン名を入力して、

「admin@追加ドメイン名」を選択→「認証メールの送信(確定)」をクリック

KS000719

 

ロリポップの「ロリポップ!webメーラー」で、認証IDの確認。

KS000720

 

再びwpXで、「ドメイン名」入力、「メール認証」にチェックして、

届いた「認証ID」入力すれば、無事ドメイン追加されます。

KS000718

ワードプレスのデータベース(MySQL)のインストール

ドメイン追加したら、ワードプレスインストールします。

エックスサーバーで、ワードプレスインストールした時と一緒。

エックスサーバーにWordPress(ワードプレス)をインストールする方法。 | アフィリエイト保育園

 

ワードプレス移転する為に、ワードプレスをインストールしておくだけなので、

WordPressIDとかは、実は適当でも問題無いっぽい。

KS000722

移転前と違うIDとか、ブログタイトルにしてみたけど、

データベース上書きしたら、移転前の情報に変更されたから・・・。

アップロードする為に、FTPアカウントの追加

wpXサーバーでは、FTPソフトを使う為、

事前にFTPアカウント設定をする必要があります。

知らなかった私は、ここでも時間を喰った。

wpXサーバー管理パネルの「WordPress一覧・設定」より、「設定」画面を開く。

「FTPアカウント設定」で設定できます。

詳しくは→マニュアル – FTPアカウント設定 / WordPress専用の超高速レンタルサーバー! wpX(ダブリューピーエックス)

 

注意すべきは、「全てのファイル・フォルダにアクセスする」にチェックを入れる事。

KS000730

チェックを入れないと、wp-content内しかアクセスできません。

 

サーバー側でFTPアカウント設定したら、

FTPソフトで、wpXサーバーにアクセスできる様にしておく。

 

FFFTPの場合の設定→マニュアル – FFFTPの設定 / WordPress専用の超高速レンタルサーバー! wpX(ダブリューピーエックス)

FileZillaの設定→マニュアル – FileZillaの設定 / WordPress専用の超高速レンタルサーバー! wpX(ダブリューピーエックス)

 

wp-configをテキストエディターで書き換える。

wpXへのFTPアップロードする前に、wp-config.phpだけ書き換えが必要です。

ロリポップのサーバー情報となったままだと、エラーになります。

 

書き換える項目

  • DB_NAME – データ ベース名
  • DB_USER – データベース ユーザー名
  • DB_PASSWORDp – データベース パスワード
  • DB_HOST – データベース(MySQL)のホスト名

 

ロリポップのデータベース情報を、wpXのデータベース情報に書き換えです。

KS000768

※必ずテキストエディター(上記はTeraPad)で編集しましょう。

 

入力すべきサーバー情報が分からない場合、

FTPソフトで、wpX内のwp-config.phpを開けば、確認できます。

wp-config.phpは、一番上の階層にあります。

データファイルと、データベースのアップロード&上書き。

FTPソフトで、データファイルを全てアップロードして上書きする。

ダウンロードするときの逆の作業。

私の場合は、デスクトップのフォルダから、FFFTPにドラッグして上書き。

小一時間はかかりました。気長に待ちましょう。

 

続いて、データベースを移行します。

wpXサーバー管理パネルの「WordPress一覧・設定」より、「設定」画面を開く。

「データベース管理」の項目から「phpMyAdminへのログイン」をクリック。

KS000769

 

ログイン後、サイドバーから「information_schema」では無い方の、

サーバーを選択し、データベースを表示させる。

 

全てのデータベースを選択し、

KS000758

全て削除してまう。

KS000759

 

新サーバーのデータベース空っぽにしたら、

移転前サーバーのデータベースをインポートする。

「インポートタグ」より、先ほど保存したデータベースファイルを選択。

KS000761

他は、特に設定変更せず「実行する」で終了。

 

私はデータベースを削除してから、アップロードしたけど・・・

削除しなくても良いのかな?

 

同じドメインの新しいサーバーにアクセスする為「hosts」ファイルをいじる。

移行作業が完了したら、動作確認をします。

移行したドメインを、ブラウザでそのままURL入力しても、

以前のサーバー(ロリポップ)にアクセスしてしまうので、

同じドメインで、新しいサーバー(wpX)の方にアクセスする設定をします。

 

正直意味不明でしたが、これかなり苦戦しました。

自分のPC側で設定する必要があります。

※私はWindows8を利用してます。

 

まず、wpXの管理画面で、サーバーのIPアドレスを確認。

「サーバー情報」→「サーバー基本情報」で確認できます。

KS000770

 

IPアドレスを確認したら、PC側でhostsファイルを編集します。

Windows8で、hostsファイルの場所を検索したところ、

「C:\WINDOWS\system32\drivers\etc」にありました。

※Windows7、Vista、XPの場合も同じ場所の様です。

「hosts」ファイルの編集

「hosts」ファイルをテキストエディタで開き、最下部に新しい行を追加します。
「サーバーIPアドレス + (半角スペース) + ご利用ドメイン名」と入力をして、上書き保存してください。

例)192.0.2.0 example.com

ご利用サーバーのIPアドレスは、管理パネル内の「サーバー基本情報」にて確認が可能です。

よくある質問 – WordPressの移転 / WordPress専用の高速クラウドサービス wpX(ダブリューピーエックス)クラウド

hostファイルを開いて、

「サーバーIPアドレス + (半角スペース) + ドメイン名」の一行を追加するだけ。

 

terapadで書き換えしようとしたところ、

「他のプロセスにより書き込みが禁止されている可能性があります。

書き換え禁止をセットしました。」というエラー。

KS000733

 

結果、テキストエディタを「管理者として実行」で編集できた。

※terapadでも管理者として実行すれば編集できる模様。

 

注意点としては、テキストファイルとして保存しない様に。

ファイルの種類は「すべてのファイル」にして、文字コードは「UTF-8」です。

 

これで、新しいサーバーへアクセスしてくれます。

無事新しい方のサーバーで動作確認できたら、

hostsファイルを元の状態に戻して、上書き保存です。

追加した最後の一行を消し忘れない様に。

 

ドメイン側でネームサーバーの書き換えをする。

新しいサーバーで無事動作が確認できたら、

ネームサーバーの書き換えをして終了です。

 

私は、ムームードメインを使っていたので、

「ドメイン管理」→「ドメイン操作」→「ネームサーバー設定変更」

wpXネームサーバーの設定

  • ネームサーバー1:ns1.wpx.ne.jp( 157.112.145.232 )
  • ネームサーバー2:ns2.wpx.ne.jp( 120.136.10.243 )
  • ネームサーバー3:ns3.wpx.ne.jp( 210.188.201.244 )

マニュアル – ネームサーバーの設定 / WordPress専用の超高速レンタルサーバー! wpX(ダブリューピーエックス)

 

こんな感じ。

KS000748

 

反映されるまで、最大で2~3日かかるって言われたけど・・・

KS000763

私の場合は、短時間で新サーバーに移行された様です。

数時間後に確認したら、既に新しいサーバー側へのアクセスとなってました。

※移転前とテンプレのデザインを少し変えて、確認した感じです。

 

新しいサーバーで、メールアドレスの設定をする。

サーバー移転したら、

移転前のサーバーで作ったメルアドと、同じメルアドを作っておきましょう。

一時的でも、メール使えなくなったら困りますからね。

Q.サーバー移転中のメールの受信方法はどうすればいいでしょうか? A.ネームサーバー変更後は一定時間(数時間~48時間)を経て、徐々にサーバーが移転されます。
この期間は新旧どちらのサーバーでメールが受信されるか予測ができないため、両方のサーバーでメールを受信できるように設定を行っていただく必要があります。

■旧サーバーの設定
メールソフトなどで受信を行われている場合、旧サーバーのアカウントの設定は削除せずそのままの状態でご利用ください。
■弊社サーバーの設定
サーバーパネルのメールアカウント設定から、これまでご利用いただいていたメールアドレスを作成し、メールソフトに弊社のアカウント設定を追加して下さい。 詳細はこちらをご覧ください。

※参考→エックスサーバー よくある質問 | レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】

重複で設定して移行するんだね。

イマイチドメインの仕組みがわからん。

 

サーバー移転はSEO的に何の問題も無いみたいだけど・・・。

サーバー移転で、サイトのIPアドレスは変わる。

SEOに影響あったら、どうしましょ?

ってのが不安だったんだけど、

鈴木謙一様のブログでも大丈夫って言ってます。

サーバー移転するときの注意点 ~ DNS編 | 海外SEO情報ブログ

マットカッツ氏の回答なんで、間違いないでしょう。

って事は、IP分散とかも意味無いっぽいね。

 

上手い事引っ越しできなくて、

サイト表示できない期間があれば、SEOへの影響はあるだろうね。

SEOもそうだけど、アフィリエイト報酬への影響は計り知れない。

スムーズなサーバー移転を心がけましょう。

 

しっかりと反映されるまで、数週間かかる事もある様なので、

引っ越し終了で、

即座に元サーバーの解約や、データを削除しない様、気を付けましょう。

 

P.S.

本当に年内に終わってよかったぁ~。

 

wpXレンタルサーバー への移転の結果、

表示示速度は、体感できる程早くなりました。

悪く無いです。

Xサーバーも契約してますが、

比較すると、やはり早い感じビンビンです。

ワードプレスの時代、これメインサーバーでも悪く無い。

 

エックスサーバーと管理画面が全然違うので、

エックスサーバー慣れしてる人は、最初ちょっと戸惑うかも。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す