XserverメールをIMAPでWindows Liveメールに設定する方法。

エックスサーバーのメール追加して、毎度手こずるので覚え書き。

Xserver公式のWindows Liveメール設定方法見ても、

いつも上手くいかないので・・・

特にIMAPの方が上手くいかない。

詳しくは公式の「メールソフトの設定→WindowsLiveメール」を参考に。

エックスサーバー マニュアル | レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】

 

Windows Liveメールで電子メールアカウントを追加する。

アカウント追加ページ。

毎度戸惑うのは、この画面。

KS000630

  • 電子メールアドレス→設定するメルアド
  • パスワード→メルアド登録時に設定した、メール専用パスワード
  • 表示名→メール送信した際に、相手に表示される名前

 

続いて、サーバー設定の構成。

KS000631

受信サーバー情報

  • サーバーの種類→IMAP
  • 受信ポート→143
  • サーバーのアドレス→○○○○.xsrv.jp ※○○○○は申し込み時のサーバーIDっぽい
  • 次を使用して認証する→クリアテキスト
  • ログオン ユーザー名→設定するメルアド

 

送信サーバー情報

  • サーバーのアドレス→上記の受信サーバーアドレスと一緒。
  • 送信ポート→587

 

サーバーアドレスは、同じサーバー利用しているなら、全て同じ。

送受信共に全て同じになる。

認証が必要にチェックが必要っぽいけど・・・

チェック外したら上手くいった・・・気がする。

 

失敗したら、メールアカウントのプロパティで再設定。

設定完了したら送受信が上手くできるか?確認しましょう。

私は、毎度なんかエラーでて、認証が上手くいかない場合が多い。汗

 

というわけで、上手くいった際のプロパティを参考にする。

 

サーバー項目の一番下にある「送信メールサーバー」欄、

「このサーバーは認証が必要」のチェックを外したら送信できた。

KS000628

 

同様に詳細設定項目の「送信メール(SMTP)「受信メール(IMAP)」の欄、

「このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要」のチェックも外す。

KS000629

これで、私の場合は上手くいってます。

 

セキュリティで保護されないって事なんで、責任は取れませんが・・・

メーラーで、メール送受信できないよりは良い。

 

くれぐれも参考までに。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す