サイドバーにフェイスブックページを表示させる。プラグイン「Like Box」

前回作成した。Facebookページ。

Facebookページを作成する。 | アフィリエイト保育園

 

せっかくですから、ワードプレスサイトと連動させたいんです。

というわけで出てくるのが、Facebookのプラグイン→Like Box

リンク先をクリックで、簡単に作成できます。

※フェイスブックページアカウントでは設定できない?ので、個人アカウントでログイン。

 

左上の「Facebook Page URL」に、FacebookページのURLを入力して、

左下の「GetCode」をクリックで簡単に作成できます。

LikeBox設定

 

 

すると、プラグインコードが表示されるので、

「IFRAME」のコードを表示して、コピーしておきます。

WS000281

 

あとは、ワードプレス側で設定するだけ。

ツイッターの「Twitter Widgets」の時一緒です。

サイドバーにツイッターを表示させる。Twitter Widgets!! | アフィリエイト保育園

 

今回も表示させるのはサイドバーなので、

「外観」→「ウィジェット」より、

「テキスト」を選択して、サイドバーにチェックして、

「ウィジェットを追加」をクリック。

 

あとは、タイトル欄に「Facebook」って入力して、

先ほど取得したコードを貼りつけて、「保存」で終了です。

facebookサイドバー

無事設定できれば、こんな感じで表示されてるはずです。

 

私はとりあえず、サイドバーの、

ツイッター上あたりに表示しました。

 

初期設定の幅だと、ちょっとハミ出てしまったので、

当サイト(リファインSnow)では、Widthを250に変更しております。

賢威サイトでは、Widthは265にしてる。覚え書き。

 

おしまい。

Facebookページを作成する。

前回ツイッターアカウントを作成して、サイドバーに設置したので、

サイドバーにツイッターを表示させる。Twitter Widgets!!

 

続いて、フェイスブックページ。

フェイスブックページは、個人アカウントから、作成できます。

企業ページとか、ブランドページとか、

ショップページ、コミュニティページ・・・とかとか作成できます。

匿名で作成可能です☆

というわけで、早速作ってみる。

個人アカントにログインして、

右上の歯車アイコンから、「ページを作成」を選択。

フェイスブックページ

 

フェイスブックページのジャンルを選択します。

フェイスブックページのジャンル

 

正直違いがよく分かりませんが・・・

会社名または団体名を選びました。

WS000269

「コンサルティング/ビジネスサービス」を選びましたが・・・汗

ページ名入力して、規約チェックで、「スタート」クリックっす。

 

・・・おしまいです。

あとは、ツイッターアカウント同様。

自己紹介したり、サイトリンク貼ったり、

画像入れたりして、終了です。

作成したFacebookページ→アフィリエイト保育園
※「いいね」推奨

 

ちなみに、間違って、ビジネスアカウントを作成しない様に。

アフィリエイト用に作るページなので、匿名で作りたいとかで、

ビジネスアカウントを取得するって勘違いしがちですが、

ビジネスアカウントは不必要です。

むしろ使い勝手が悪いので。

詳しくは→フェイスブック、ビジネスアカウントと個人用の違い。facebookページを活用。

 

個人アカウントから、フェイスブックページを作成でおっけぃです。

次は、サイドバーにフェイスブックページを表示させます。

サイドバーにツイッターを表示させる。Twitter Widgets!!

せっかくだから、Twitter アカウント取って、

ワードプレスサイトと、連動させたい。

ワードプレスサイトのサイドバーに表示させたい。

ツイッターガジェットの設置ってやつ。

やってみました。

 

Twitterメニューの「設定」→「ウィジェット」を開く。

※要ツイッターアカウント

 

右側の新規作成をクリック。

ツイッターウィジェット

するとこんな画面。

ウィジェット作成画面

 

特に変更もないので、そのまま「ウィジェットを作成」をクリック。

 

すると、右下にコードが表示されるので、

WS000263

コピーしておきまっしょい。

 

次にワードプレス側で設定です。

今回表示させたいのはサイドバーなので、

「外観」→「ウィジェット」より、

「テキスト」を選択して、サイドバーにチェックして、

「ウィジェットを追加」をクリック

サイドバーに追加

タイトル欄に「Twitter」と入力。

下の欄にツイッターウィジェットで、コピーしたコード入力して、

WS000265

「保存」クリックで終了です。

 

どうです?

私のサイトの左側に表示されてね?

意外と簡単でしたね。

 

初期設定のウィジェットの「高さ」項目

600だと長過ぎたので、300に変更しました。

 

ツイッターアカウント側のウィジェットの設定で、

高さを変更するだけで、サイトに表示される高さも変わります。

コードを貼り替える必要は無いんですね・・・

 

次はFacebookページ作ったるぅー。

 

 

賢威でサイトタイトルを画像表示する方法。テキストをヘッダー画像に変更。

ファビコン画像が無事設定できたので、

次はヘッダー画像の設定。

 

メイン画像と何が違うんだ?って思ってたんですけど。

ヘッダーメニューより上が、ヘッダー画像で、下がメイン画像ね。

ヘッダーテキスト

 

「アフィリエイト保育園」って、テキスト表示されてるのは、

なんだかイケてない気がする。

というわけで、

サイト名(サイトのタイトル)の部分、

ヘッダーテキストを、ヘッダー画像に変えてやります。

※賢威テンプレートメーカーで設定しなかった場合です。

 

今回、設置する予定のヘッダー画像を用意する。

アフィリエイト保育園ヘッダー

 

で、ファビコンの時と同様、

画像をアップロードして、画像URLをコピーして、ヘッダーをいじります。

賢威(ワードプレス)でファビコンを設置する方法。 | アフィリエイト保育園

ダッシュボードの「外観」→「テーマ編集」より、

右側部分の、「ヘッダー(header.php)」を選択します。

 

で、本日いじる部分はこの辺。※ソースをいじる際は、必ずバックアップを取りましょう。

<!–▼ヘッダー–>
<div id=”header”>
<div id=”header-in”>

<div id=”header-title”>
<p class=”header-logo”><a href=”<?php bloginfo(‘url’); ?>”><?php bloginfo(‘name’); ?></a></p>

<h1><?php h1_keni(); ?></h1> →サイトのタイトル?

</div>

<div id=”header-text”>
<p><?php echo the_excerpt_keni(); ?></p> →サイトの説明部分
</div>
</div>

</div>
</div>
<!–▲ヘッダー–>

赤い部分を変更します。

<!–▼ヘッダー–>
<div id=”header”>
<div id=”header-in”>

<div id=”header-title”>
<h1><a href=”<?php bloginfo(‘url’); ?>”><img src=”画像URL” alt=”<?php bloginfo(‘name’); ?>”></a></h1>

</div>

<div id=”header-text”>
<p><?php echo the_excerpt_keni(); ?></p> →サイトの説明部分
</div>

</div>
</div>
<!–▲ヘッダー–>

 

青の部分は、ヘッダーの説明文(サイトのキャッチフレーズ)みたいですね。

サイトのデザイン次第で、削除して問題無いみたい。

 

画像サイズを変更して表示したい場合は、width(幅)とheight(縦)で表示サイズを指定する。

<h1><a href=”<?php bloginfo(‘url’); ?>”><img src=”画像URL” width=”○○” height=”○○” alt=”<?php bloginfo(‘name’); ?>”></a></h1>

 

なんとか変えられて良かった・・・けど。

やはり、コードの意味が全然分からない。汗

 

ヘッダー画像は、

賢威テンプレートダウンロードする時に、

テンプレートメーカーで設定しておくと楽です。

賢威(ワードプレス)でファビコンが表示されない。

前回、ファビコンの設定を無事完了できたのですが、

賢威(ワードプレス)でファビコンを設置する方法。 | アフィリエイト保育園

 

ファビコンの、プラグインを入れたり、

無駄な事をいろいろしてたりしたら、

いつの間にか、ファビコンが表示されない・・・

賢威の初期設定のファビコンになってました。汗

ファビコン表示されない

 

プラグインを入れたせいなのか?

ファビコンのプラグイン削除して、

再度、下記コードを、ヘッダー内に入力しても・・・

<LINK REL=”SHORTCUT ICON” HREF=”画像ファイルのURL” />

 

やっぱり表示されない。

 

こうなったら、

賢威のテーマを再インストールして、

再度コード入力してやる・・・

で、再度コードを入力してもダメ。

で、わかんないから、関係してそうなコードを探してみると。

ヘッダー内に、怪しいコード発見。

めっちゃ「favicon.ico」って書いてある。

ファビコン修正

<link rel=”shortcut icon”  type=”image/x-icon” href=”<?php bloginfo(‘template_url’); ?>/favicon.ico” />

上記コードの緑色の部分を、画像ファイルのURLに変更してみる。

↓こんな感じ

<link rel=”shortcut icon”  type=”image/x-icon” href=”https://affiliate-hoikuen.com/wp-content/uploads/favicon128x128.ico” />

・・・

・・・

ビンゴです!

 

エクスプローラーで、無事表示されました☆

WS000251

一応クロームでも確認してみた☆

WS000252

 

謎だ・・・

コードの意味がわかってないので、全くの謎ですが、ひと安心☆

 

他にも、ファビコンが表示されない場合は、

別の画像リンクを入力してたとか、

コードの全角、半角が間違っていたとか、

アップする、ファイルがJPEGだったり、

ありがちみたいですね。

くれぐれも、ICO形式のファイルを設定しましょう。

 

ファビコンは反映されるまでに、若干時間がかかる場合もある?様なので、

あとは、ブラウザのキャッシュを削除して、再度サイトを読み込んでみるとか?

 

ファビコン設定にこんなに苦戦するとは、思いませんでした・・・

少しでも参考になれば幸いです。

WordPressで記事を書くと、自分のコメントが表示されてしまう。内部リンクとピンバック機能

ワードプレス管理画面をチェックしていると、

コメントが3件も来ている!?

弱小サイトなのに、うれぴぃなぁ・・・

良く見てみると、自分でした。

んぁああ!?

ピンバック

 

どうやら、自分の記事から自分の記事にリンクを貼った事でこうなったらしい。

 

これワードプレスの、ピンバックっていう機能らしいですね。

自動トラックバック機能みたいなもん?

※トラックバックについて、未だ理解もしておりませんが・・・

 

自分の記事にリンクが貼られると、自動でコメント表示される。

非常に便利な機能らしいんですが・・・

 

自分で自分の記事にリンクを貼ると、

自分のコメントが、自分の記事に表示されてしまう。

困ったやーつです。

 

うーん、どうしたもんかと。

ピンバック機能をオフにする事も考えたのですが、

他のワードプレスサイトからの、ピンバックが無効になっても困りますよね?

 

で、ここで出てくるのが、またしてもプラグイン。

「No Self Pings」です。

 

No self Pings で内部リンクコメント対策する。

つーわけで、早速「No self Pings」をインストールします。

No Self Pings インストール

 

・・・

プラグインを有効化すれば、終了です。

特に設定は必要ないみたい。

これで、内部リンク貼っても、コメント追加される事も無くなりました。

 

ちなみに、No self Pings を有効化する前のコメントは、

消えないので、手動で消しましょう。

 

ちなみに、プラグインを導入せず、

ピンバックの機能の設定変更をしたい場合は、

「設定」→「ディスカッション設定」で、設定変更できます。

ピンバックの設定

 

自分で自分の記事にコメント。

スパムコメントの一種かと思い、勝手に恐れていましたが・・・汗

原因が分かってしまえば、

なんだ、そんな事かって感じですね。

プラグインを、インストールして有効化するだけで解決もできますから!

 

これで、自分で自分にコメントしてしまうという。

恥ずかしい事も無くなります。

良かった良かった。

 

 

WordPressサイトに、Googleアナリティクスと、ウェブマスターツールを導入する。

ワードプレスの初期設定が、なんとなく終わってきたので、

ワードプレスインストール。賢威を導入にしてからの初期設定。

 

アクセス解析ツールと、ウェブマスターツールを導入します。

アクセス解析といったら、Google Analytics。

Google アナリティクス公式サイト – ウェブ解析とレポート機能 – Google アナリティクス

 

 Googleアカウントが有れば、導入も簡単です。

Googleアナリティクス

 

サイト情報入力して→連絡先入力して→規約に同意して

あとは、解析したいサイトのテンプレートに、トラッキングコードを埋め込むだけです。

 

トラッキングコードを、テンプレートに埋め込む?

初めてアクセス解析を導入する時、私は意味プーでした。

意味プーでしたが、プラグインで簡単に設置しました。

 

Googleアナリティクス導入のプラグインは、

調べるといっぱい出てきますが・・・

正直違いがわからねぇ!!

 

つーわけで、

私は「Google Analytics for WordPress Configuration」で導入しております。

※管理画面「プラグイン」→「新規追加」の検索窓から検索してね☆

 

プラグインインストールして、

Profileに、アナリティクスで登録したサイトIDを入力すれば・・・

自動で設定してくれました。

 

このサイトはたしか、

昨年末くらいに、アナリティクス設置していたので・・・

過去1カ月のこのサイトのアクセスを見てみると、

こんな感じ。

アナリティクス

一カ月40人。笑

 

続きまして、ウェブマスターツールの導入。

詳しい事は省きますがこれ、必須ですね。

導入し忘れてたので、本日設定します。

Googleウェブマスターツール

 

先ほどと同じ、Googleアカウントでログインして、

WS000226

右の方にある、サイト追加ボタンをクリックして、

登録サイトURLを入力すると・・・

 

所有権の確認の画面。

で、Googleアナリティクス利用していれば、所有権の確認が簡単にできてしまいます。

ウェブマスター登録

 

 

Googleアナリティクスアカントを使用します。

 

で、一瞬で設定完了です。

WS000228

 

 

ウェブマスターツールの導入ってこんな簡単だったっけ??

 

・・・無事認識されてるし。

WS000229

 

というわけで、アナリティクスを導入したら、ついでにやっておきましょう。

同じアカウントで、ウェブマスターツールにログインして、

所有権の確認をするだけです。

 

次はサイトマップの作成かな?

ワードプレスにサイトマップの自動送信設定。Google XML Sitemaps

ワードプレス、アクセス禁止の403エラー。「.htaccess」とFTPアクセス制限の設定

またしても、WordPressの管理者画面にアクセスできない!!

そうです、今回もロリポップ!のサーバー。

アクセスしようとすると、例の403エラー。

「指定されたページへのアクセスは禁止されています」が表示されます。 「ワードプレス、アクセス禁止の403エラー。「.htaccess」とFTPアクセス制限の設定」の続きを読む…