げん玉ポイントを現金に換金して気付いた注意点。PointExchangeの交換手数料について。

げん玉は紹介ポイントが貯まりづらいって言ったけど、

ハピタスとげん玉の評判と実働ユーザー数。稼ぎやすさと稼ぎ方は全然違う。

 

げん玉でも友達還元ポイントが、よーやく10万ポイント達成。

KS001057

って事で、現金化しました。

ハピタスとはちょっと仕組みが違うんで、若干面倒だったよん。

げん玉から換金は不可能。ポイントエクスチェンジの会員登録が必要。

ハピタスの様に、サイト上でそのまま現金へ交換手続きはできません。

PointExchange(ポイントエクスチェンジ)っていう、

ポイント交換サイトを経由する必要がありました。

 

別サイトを利用しなければイケないわけで・・・新規会員登録が必要です。

げん玉からのポイント移行で、PointExchangeに新規登録に誘導となります。

KS001047

 

必要な情報は、こんなもんだけど・・・やっぱ手間だよね。

KS001048

別途、会員情報(メルアド、パスワード、ID)を覚えておかないとイケないからね。

登録情報と同名の名義口座にしか振込できないので、偽名とかでの登録は辞めましょう。

 

げん玉のポイント交換経由で登録した場合、すでにポイント交換済みになってました。

KS001051

 

げん玉は、1日100000ポイント(1万円分)が移行ポイント上限。

げん玉はポイントエクスチェンジへの交換上限が、

1日10万ポイント(1万円分)です。

10万ポイント以上、交換しようとしても、

「ポイントエクスチェンジへの1日の移行ポイント数の上限に達しています。」

って表示されてしまいます。

KS001056

 

まぁ、翌日になれば、また10万ポイント交換できるので、

毎月約300万ポイント(30万円分)も交換できるわけでーす。

※月の日数が30日の場合。

 

ハピタスは1カ月の交換上限が3万ポイント(3万円分)なので、

ハピタスのデメリット。交換上限、月3万円の換金制限。

コレは、かなり有り難い。

 

月一回無料の「手数料無料チケット」は、1枚で10万円が上限。

げん玉からPointExchangeへ、ポイント移行すると、

月1回は交換手数料無料になる「手数料無料チケット」がもらえます。

KS001046

 

手数料無料チケットは、ポイントエクスチェンジ上で使うので、

なるべくPointExchange上でポイントを貯めてから、

交換してやろうと考えていたのですが・・・

ポイントエクスチェンジ上では、1万円につき手数料がかかる仕組みでした。

KS001052

ただ、げん玉から交換する際に、手数料無料チケットが貰えるので、

月1回までならポイントに限らず手数料無料。

いずれの金融機関も、1回で最大10万ポイントまで振り込めるので、

月10万円までは手数料無料で現金化できるわけです。

 

それ以降は、1万円に付き82円分のポイントが発生します。

※住信SBIネット銀行の場合

10万円分のポイントを換金したら、820円の手数料が発生する。

82円×10回=820円

・・・まぁ、現金化できるだけでも有り難いけどね。

 

ポイントエクスチェンジと、げん玉ポイントの有効期限は180日間。

どちらも有効期限は無期限と言いつつも、実際は180日間です。

半年間何もしないとポイント失効します

 

げん玉の場合

獲得ポイントに期限はありますか?

通常、付与されたポイントの有効期限は無期限となります。

ただし、退会なさった場合や、180日間スポンサー企業のサービス利用が一度も行われなかった場合はポイントが失効します

以下のポイント獲得はスポンサー企業のサービス利用とはみなされませんのでご留意下さい

  • 友達還元ポイント
  • クリックポイント
  • モリモリ選手権などのゲームで獲得したポイント
  • モリゲー、MONOWで獲得したポイント

参考→獲得ポイントに期限はありますか? | ヘルプセンター|リアルワールドサービス

 

ポイントエクスチェンジの場合

移行したポイントの有効期限はありますか?

ポイントの有効期限は無期限です。
ただし、前回のポイント移行(交換)から180日間、ポイント移行(交換)がない場合は、ポイントは失効します。1ポイントでもポイントの移行(交換)を行った場合は、有効期限は更新されます。
※スクラッチについては有効期限は更新されませんので、ご注意ください。
また、最後にポイント移行(交換)を行った日は、ポイント通帳でご確認いただけます

参考→ポイント交換サイトPointExchange – 換金や電子マネーへの交換

 

まぁ、継続的にポイントサイトを利用しているなら、

どちらも問題無いと思いますが・・・

PointExchangeのポイントに移行した場合は、早く消化した方が良さそうですね。

 

げん玉は、友達還元ポイントの獲得ではポイントの有効期限は伸びないんだね。

稼いで貰って稼いでる方が多いハズなので、知っておきましょう。

お友達紹介制度があるポイントサイトまとめ。2ティア報酬の稼ぎやすさを比較する。 

 

ポイントエクスチェンジの手数料。現金、電子マネー、商品券で異なる。

で、肝心の交換手数料。

現金と、メジャーな金券で手数料を調べてみる。

 

現金に交換する場合(1万円に付き)

  • 全国金融機関:206円
  • ゆうちょ銀行:165円
  • 三菱東京UFJ銀行:206円
  • みずほ銀行:206円
  • ジャパンネット銀行:93円
  • 住信SBIネット銀行:82円
  • 楽天銀行:175円

電子マネー、商品券、ポイントに交換する場合

  • Vプリカ:10%
  • WebMoney:約8.3~10%
  • Amazonギフト券:10%
  • iTunesギフトコード:10%
  • LINEギフト:10%
  • nanacoギフト:20%
  • 楽天Edy:約3%~
  • Tポイント:5%
  • VISAギフトカード1000円:1100円+手数料100円/回
  • ジェフグルメカード500円:550円+手数料100円/回
  • クオカード500円:550円+手数料100円/回

 

私は税金の関係で、金券換金を目論見ましたが・・・手数料高すぎで断念。

金券類は、基本的に手数料10%以上取られる感じになります。

よって銀行振込で現金に換金した方が、断然お得になります

 

銀行も住信SBIネット銀行や、ジャパンネット銀行が断然お得です。

げん玉からの移行で、月1回は手数料無料になるので、月額10万未満の方は関係ないけど。

 

ポイントエクスチェンジ現金換金にかかる時間は、2~5営業日以内。

PointExchangeの入金ですが、意外と早く振り込まれました。

金融機関によって異なるけど、早ければ2営業日以内

 

現金交換時の入金予定日

  • 全国金融機関:3営業日以内(最短翌々営業日)
  • ゆうちょ銀行:5営業日以内(最短4営業日)
  • 三菱東京UFJ銀行:3営業日以内(最短翌々営業日)
  • みずほ銀行:3営業日以内(最短翌々営業日)
  • ジャパンネット銀行:2営業日以内(最短翌営業日)
  • 住信SBIネット銀行:3営業日以内(最短翌々営業日)
  • 楽天銀行:2営業日以内(最短翌営業日)

 

結構速いんだね。予想外の入金でビックリした俺。

 

現金換金の銀行振込の際の注意点。会員ご本人様名義のみ。

PointExchangeのポイントを、現金に交換する場合、

会員本人名義の口座にしか振込ことができません

 

下記、住信SBIネット銀行の場合に表示された注意点。

必ずお読みの後、ポイント交換申請を行ってください。
・住信SBIネット銀行へポイント交換を行うには、会員ご本人様名義の住信SBIネット銀行口座を開設していることが条件となります。
・交換に際して、支店番号や口座番号等の記入間違い、住信SBIネット銀行口座の解約その他の理由により、交換できなかった場合、組戻し手数料(800pt)を交換ポイントから差し引いたポイント数をPointExchange口座に組戻します。十分にご注意のうえ、金融機関口座の登録をお願いします。(なお、ポイントの組戻しは、交換申請時から最大約1ヶ月後となります。また、交換申請ポイントが組戻し手数料未満の場合、ポイントの組戻しは行いません。)
・他人名義での住信SBIネット銀行への振込、不正が発覚した場合または不正の疑いがある場合には、交換をお断りする場合やポイントを失効させていただく場合があります。
・PointExchangeの別のIDに既にご登録いただいている金融機関口座は、再登録することができません。(既に登録しているIDを退会してから91日以降は登録が可能です。)
・ポイント交換申請後の申請の取消や他の交換先への変更はできません。
・交換所要日数、交換手数料は予告なく変更される場合があります。
・婚姻等による改姓により口座名義の変更がある場合は、交換申請前に登録口座名義の修正が必要です。変更前・変更後の口座名義とフリガナをお問い合せフォームからお知らせください。

偽名でPointExchangeの会員登録してしまったり、

家族の口座や、法人口座に振り込んだり・・・できないから。

 

また、口座情報を入力間違いした場合は800円分の手数料も取られ、

組戻しは最大1カ月後となる。

くれぐれも入力間違いには、気を付けましょう。

 

げん玉ポイントを現金化して気付いた注意点まとめ。

げん玉は、ハピタスに比べると稼ぎ方も違えば、

現金化もひと手間ある感じだった。

ハピタスとげん玉の評判と実働ユーザー数。稼ぎやすさと稼ぎ方は全然違う。

 

まぁ、現金交換の月額上限額はハピタスの約10倍になるんで、

多少稼ぎ難くても、多少使いづらくても、使わない分けにはいかない。

ハピタスのデメリット。交換上限、月3万円の換金制限。

 

ハピタスポイント3万越え分・・・無理やり現金化する方法も有ります。

ハピタスポイントの現金化について真剣に考えてみた。

 

稼いで貰うなら・・・げん玉以外にもたくさんあります。

2ティアで稼ぐなら、げん玉は効率悪いかもねーん。

お友達紹介制度があるポイントサイト比較。2ティア報酬の稼ぎやすさの違い。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す