エックスサーバーにWordPress(ワードプレス)をインストールする方法。

独自ドメインをエックスサーバーで設定したので、

Xdomainで取得したドメインをエックスサーバーで利用する為の初期設定。

お名前.comで取得したドメインをエックスサーバーで利用する。DNS(ネームサーバー)の設定方法。

 

今回はWordPress(ワードプレス)のインストールについて。

 

ワードプレスをインストールするには、

データベース(MySQL)を作成して、

MySQLユーザー、パスワード、アクセス権・・・

などなどの設定してから、

ワードプレスインストールするみたいなんですが、

面倒なんで、自動でやってもらいまっしょい。

 

エックスサーバーには、ワードプレスの自動インストール機能があります。

 

エックスサーバーでWordPressを自動インストールする。

エックスサーバーのサーバーパネルより、

「自動インストール」をクリック。

wordpressインストール

 

「プログラムのインストール」をクリック。

プログラムのインストール

 

 

「WordPress 日本語版」より「インストール設定」をクリック。

WordPress日本語版のインストール

 

「自動インストール」画面が表示されるので、必要な情報を入力します。

ワードプレス自動インストール

インストールURL:ワードプレスをインストールするドメインを選択する。

※右側の空欄も入力する事により、サブディレクトリを作成する事も可能です。

サブディレクトリは、URLに表示されない様にも設定可能。

ディレクトリを自分なりに整理したい方は、サブディレクトリを作っても良いんじゃね?

私は不要なので空欄。ルートディレクトリに直インストール。

 

ブログ名:サイト名を決めて入力。

ユーザ名:ワードプレスのユーザー名※ログインに必要

パスワード:ワードプレスのパスワード※ログインに必要

メールアドレス:サイトで利用するメールアドレス。お問い合わせとかね。

データベース:「自動でデータベースを生成する」にチェック

※エックスサーバーは最安プランでも、データベースを30個まで利用できます。

 

必要な情報を入力したら、「インストール(確認)」をクリック。

確認画面が表示されますので、「インストール(確定)」で終了です。

 

後は、インストールしたURL

「http://インストールしたドメイン/wp-admin/」にアクセスして、

設定したユーザー名とパスワードを入力して、ログインできればOKです。

 

ワードプレスがインストールできたら、

後はサイトを作るのみ。

テーマやプラグインのインストールを、やっていきまっしょい。

ワードプレスインストール。賢威を導入にしてからの初期設定。

WordPressサイト運営初心者が導入している、ワードプレスのプラグイン

 

エックスサーバーでは、WordPress以外にも、

Movable TypeやXOOPS、osCommerce、ZenCart、Pukiwikiなども、

自動インストールできます。

 

大容量で高速、安定性、データベース数、メール無制限・・・

サーバーはエックスサーバー で間違いない。

 

一応、宣伝ね。

このサイトもエックスサーバーで運営しておりますから。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す