楽天アフィリエイトが稼ぎ易いと言われる理由。再訪問期間の重要性。

楽天商品アフィリエイトって、報酬率1%でしょ?

アマゾンの料率3.5%に比べると、全然稼げないじゃん?

・・・って思っていた、過去の私。

 

アマゾンと楽天では、料率も全然違いますが、

再訪問期間も全然違います。

 

再訪問期間

アマゾン:24時間

楽天:30日

※ASPにより再訪問期間が違うという事はありませんでした。

楽天アフィリエイトとアマゾンアソシエイトの報酬率と有効範囲。再訪問期間はASPによって違うのか?

 

アマゾンのアフィリエイトリンクは、

クリックされてから24時間以内に購入しないと、成果が発生しません。

しかし、楽天のアフィリエイトリンクは、

クリックされてから、30日間も有効なんです!

楽天アフィリエイト

ということは、アマゾンよりも30倍も再訪問期間が長いのです。

 

しかもコレ凄いのが、

別にアフィリエイトリンクを貼った、商品が売れなくても良いんです。

 

再訪問期間は超重要。アフィリエイトリンクを貼った商品が売れなくても良い。

私は、ずっと勘違いをしていました。

再訪問期間が長くとも、日が経てば経つほど、

アフィリエイトした商品とは、違う商品が売れてしまうハズ。

よって、再訪問期間が長いなんて事は意味が無いと・・・

そう思ってました。

 

で、最近知った。

それで別に問題無かったんだと。

 

楽天も、アマゾンも、

アフィリエイトリンクを貼った商品が売れなくても良いんです。

アマゾンならアマゾンで24時間以内に、

楽天なら楽天で30日以内に、

何らかの商品を、購入して頂ければ良いんです。

 

よって、再訪問期間が長い楽天アフィリエイトは、

報酬の発生する確率が、アマゾンよりも非常に高いのです。

全く関係のない商品をアフィリエイトしていたとしても、

報酬も発生しやすいですからね。

 

適当な楽天商品リンクを貼って、リンクを踏んでもらうだけ。

という事は、アクセス数を集めるだけでも、

それなりの効果があるんです。

 

アクセス数をお金に変える。楽天アフィリとクリック型報酬の併せ技。

楽天アフィリエイトは、

アクセス数さえあれば、それなりの報酬が可能です。

 

アクセス集めて、とりあえずアフィリリンクを踏んでもらう作戦。

楽天リンクは踏んでもらえれば、30日間は有効ですからね。

 

トレンドアフィリエイト、2chまとめ、芸能ネタ・・・

こういった、商品を直接紹介するのとは関係無いサイトでは、

楽天リンクの方が有効だと思います。

 

  1. とりあえずアクセス集める。
  2. 関連商品のアフィリエイトリンクを踏んじゃう。
  3. 閲覧者にクッキー残る。
  4. 30日以内に楽天の商品買っちゃう。
  5. サイト運営者に報酬が発生する。

 

といった流れです。

 

アクセス数をアフィリエイト報酬に変えるには、

クリック型報酬の、Googleアドセンスや、

忍者Admaxも上手い事、併用しましょう。

 

Googleアドセンスの審査が通らない方、

忍者AdMaxがオススメです。

 

 

楽天アフィリエイトと、Amazonアフィリエイトはどっちがオススメか?

結局、楽天、アマゾン・・・どっちをやれば良いんだ?

これは、正直どちらとも言えません。

 

楽天アフィリエイトは報酬額が少ない分、報酬が発生しやすいし、

アマゾンアフィリエイトは、報酬額が高い分、報酬が発生しにくい。

 

よって、どちらが稼ぎやすいとは言い難いです。

しかしながら、楽天の方が報酬が挙がりやすい。

まぐれでも報酬が挙がる可能性が高いというのは、有ると思います。

 

ということは、

楽天の方が、とりあえず報酬を挙げたい、初心者向け。

Amazonの方が、高額報酬を狙う、上級者向け。

・・・って感じ、じゃないでしょうか?

 

私はAmazonユーザーなので、アマゾンの方が売りやすいし、

価格、イメージともに、アマゾンの方がワンランク上な気もします。

誰しも得意、不得意はありますからね。

 

やはり、一概には言えないので、

いろいろ試してみて、自分のサイトにあった方を選んで見て下さい。

分からなければ、両方貼るというのも一つの方法です。

成約率なんかも比較して、検証できれば、

また一歩先へ行けるんじゃないかなぁ・・・

 

楽天、AmazonのASPについては、下記記事も参考に。

AmazonアフィリエイトASPを比較する。アマゾンやるなら「もしもアフィリエイト」が一番オススメ。

報酬額だけでなく、把握できるデータも全然違いますから。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す